FC2ブログ

    体の冷え対策 体を温める季節の食べ物

    ☆冷え性さんにおすすめな季節の食べ物

    体を温める春の食べ物

     春という時期は冬に蓄えられたエネルギーを外に発散するため、毛穴は少しずつ開き体内の「気」や「血」の流れも良くなり血を巡らす肝臓の働きが活発になります。
    「上から外へ」のエネルギーが高まり、木々が芽吹くように人も外へお出掛けしたくなったり活動的になります。
    体の中で「緊張の神経」とも呼ばれる交感神経が優位の状態から「リラックスの神経」とも呼ばれる副交感神経が優位の状態に体調が変わる変わり目の季節です。
    この変化に順応出来ないと、
    頭痛
    鼻づまり
    だるさ
    目の充血
    肩こり
    イライラ、怒りっぽい
    などの症状が出やすくなります。

     春でも寒い日は交感神経がよくはたらき、温かい日は副交感神経がよくはたらく。
     一週間のうち、ある日は交感神経優位、ある日は副交感神経優位になるので、バランスがとりにくく、ここから自律神経失調という状態が起こりやすくなります。
     自律神経の神経細胞に必要な栄養素はビタミンB1とカルシウムです。
     ビタミンはB1はネギ、ニラ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウに入っています。春には特にこれらを多めに摂る。
     小麦、胚芽にも入っているので、黒パンや胚芽米を摂るのもいいでしょう。
     
     また、漢方では生姜とシソの葉が昔から「気を開く」「抑うつ状態をとる」といわれています。
    この時期を上手く乗り越えるには、野山に芽吹く山菜や、菜の花、ふきのとうなどを食べるようにします。
    山菜や芽のものには、植物が活動をはじめるのに必要な良質のたんぱく質や、多種多様なビタミン、ミネラルが含まれます。こうした山菜や花菜、木の芽に含まれるアルカロイドという苦味成分には、人の細胞を活性化する作用があり、冷えが緩和されます。

    ■おすすめ春の冷え性改善食材
    うど、たらの芽、ふきのとう、小松菜、菜の花、にんにく、にら、エシャロットなど



    体を温める夏の食べ物

     体が完全に冷えてしまっている冷え性の人は、夏場でも体を温める料理を食べ、また汗をかいて、体内に溜まった水分を排泄する必要があります
     
     夏野菜は熱を取る(冷やす)働きをするものが多いのですが、ニンジン、グリーンアスパラガス、絹さや、シソの葉、みょうが、唐辛子、しし唐辛子などは体を温める夏野菜ですから、たっぷりと使いたい野菜です
    夏はハーブの旬です
    セージ、タイム、ローズマリーなどのハーブ類の多くは体を温めますので積極的に使いましょう。体を冷やす夏野菜であっても、加熱したり、薬味を足すことで、体を温める料理になります。
     シソの葉、みょうがなどの香味野菜は、抗菌作用、解毒作用のほか、体を温める効果もあるので、夏場の料理に利用しましょう。
     
    体を余り動かさず、汗をかかない人が冷たい水を飲むと、腎臓が冷えて排尿がうまくできずにむくんでくる、水太りになり、漢方でいう水毒の症状になりやすい。
    飲食物で冷やされた内臓は皮膚のように熱を温存し防御する仕組みも無いため、もろに熱を奪われます
    体の働きを乱し、アレルギー症状、喘息、アトピーなどの傾向にある人は、夏の間に症状を悪化させやすいです。
    水分を摂るときは、常温か体を温めて利尿作用がある飲み物を摂るのがポイントです。一番簡単なのは紅茶です。生姜紅茶にすると、さらに利尿作用が高まります。
     

    ■おすすめ夏の冷え性改善食材
    にんじん、グリーンアスパラガス、絹さや、シソの葉、みょうが、唐辛子、しし唐辛子、タイム、ローズマリー、セージ、ミントなど



    体を温める秋の食べ物

     猛暑日や熱帯夜が続いた夏、やっと秋を迎えたとき、私たちの体は疲れきっています。
    夏の冷房の影響で体が冷え、暑さから、ついつい水分を摂りすぎています。
    私たちの体は夏はもとも基礎代謝を下げて、体温が上りすぎないようなシステムがあります。そういうところに水分を摂りすぎたり、冷房に長く当たったりするので、必要以上に体温が下がるのです。
     秋口になると、そんな体温低下、水分過剰からくるいろいろな症状があらわれてきます。
    下痢、便秘、むくみ、体のダルさ、肩こり、頭痛、目まい、耳鳴など不定愁訴に近い症状が様々に出てきます。
    また夏から冬に気候が変わるとき、自律神経は、「リラックスの神経」といわれる副交感神経がよくはたらく夏型から「緊張の神経」といわれる交感神経がよくはたらく冬型に変わっていきます。

    秋は春とは逆に「下から内へ」という動きに変化していきます。人の体も毛穴を閉じ、寒い冬に備えてエネルギー
    蓄え始めます。
    空気が乾燥してきますのでのどや気管などの呼吸器系が不調になりがちです。肺を温める秋だいこん、ぎんなん、レンコン、梨、ユリ根や白キクラゲで、抵抗力をあげるようにすると良いですよ

    ■おすすめ秋の冷え性改善食材
    さつまいも、じねんじょ、さといも、椎茸、まいたけ、しめじ、マッシュルームなど。漢方ではキノコ類は気を増し、風邪を治し、血液を浄化するといわれています。
    ぎんなん、くるみ、栗、 小豆、かぶ、リンゴ、サンマ、サケ。サンマは血栓を溶かし、脳のはたらきを良くする成分、EPA,DHAを含んでいます。また、サンマにはビタミンA、B、DやB12も含まれているので、肌をきれいにする、骨を強くする、老化予防、造血作用を促す力もあります。サケはサケ特有のアスタキサンチンという赤い色素を含み、これは体を温める作用があります。またサケは脂肪が非常に少なく、たんぱく質が多いので、ダイエット食品として効果的です。冬に向けての食材としてサケは最適です。



    体を温める冬の食べ物
     冬は寒さのため体の機能が冬眠状態にたなり、エネルギー代謝が低下しがちです。これに冷えが加わると血流が悪くなり、熱を運ぶ血液がうまく循環せず、体温調整ができにくくなります。
    免疫力も下がり、風邪を引きやすい状態となります。
    私は以前風邪を引くのは体を冷やした事が原因だと思っていました。ところがインナーEXの説明会で、北極や南極では寒くても菌がいないので風邪をひかないということを初めて知り、更には、風邪などの不調は免疫力の低下が原因だということを知りました。
    体が冷えても免疫力の高い人は、風邪なんかひかないんだそうです
    この免疫力の差が、風邪やガンなどの病気になる人とならない人の違いだということです。
    これをきっかけに、今まで通り基本は食事と、適度な運動、足りないバランスを免疫力を低下させないための栄養がパランス良く入っているインナーEXで補うようにしています。

    薬膳では、「補陽温腎」といい体を温める食品と腎臓の機能を高める食品が冬を乗りきるために大切と考えます。
    ごま、昆布、きのこなどの黒い食品と、良質なたんぱく質で腎を温め、ネギ、生姜、ニンニクなどの熱性食品をしっかり摂ります。


    ■おすすめ冬の冷え性改善食材
    黒豆、昆布、きのこ類、ヤマイモ、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、ゆり根、くわい、大根、ほうれんそう、春菊、ブロッコリー、タラ、
    (注)大根は体を冷やしますが加熱することで緩和されます。



    以上、簡単ですが季節の食材が分かりにくくなった昨今、ご参考にしていただければと思います。

    ちなみに私は手に入りやすい漢方食材をこまめに使います。

    スープや鍋に、ニンニク、生姜、ナツメ、クコの実、松の実、白キクラゲなど
    一年中料理に加えています。

    特にナツメの造血作用ですが、ものすごく体が温まる感じがしますので、食べなくてもスープにしてエキスから栄養を取り入れて欲しいなと思います
    関連記事
    スポンサーサイト



    ヤングリビング

    リルーチェでは、アロマリンパトリートメントに、ヤングリビング社のオイルをメインに使っております。


    こちらは会員登録して注文する形の会社ですが、紹介者がいないと登録できません。

    私は知人から、レインドロップのモデルを頼まれてこのオイルを知りました。

    登録したのは、アロマリンパトリートメントの資格を取ったスクールの先生に承諾を得て、その時に使っていたオイルが無くなってからしました。

    レインドロップをしてくれた知人とは会えなくなっていたので、偶然ポストに入っていた、ヤングリビングを使うセラピストさんの、チラシを見て連絡をし紹介者になっていただきました。

    ちょっと強引ですね


    紹介者さんとはそれ以来連絡を取っていなかったので、ただ愛用しておりました。



    それが先日、クライアントさんがヤングリビングのセミナーに行くと言うお話をしていたので、これまたお願いして参加させて頂くことになりました。






    この日のセミナー内容は「女性ホルモン」です。


    長年の常連クライアント様は更年期を控えているし、10代のお嬢様たちの出入りも増えてきました。

    ホルモンの不調には年代によって使い分けするのですが、どういうセレクトがより良いのか知りたくて参加しました。


    セミナーのあとに、リナティの部活の親睦会があったので、最後までいれませんでしたが、ずっと疑問に思っていたことは解消されました


    初めてのヤングリビングセミナーはとても有意義な時間となりました

    私のように、使ってみたくても紹介者がいらっしゃらない方は、メールフォームにてご連絡下さいませ。

    私で良ければご紹介させていただきます

    最近、記憶を司る海馬の先に新しい組織を発見し、痴ほう症に有効なアロマテラピーがテレビで放送されたそうで、お問い合わせが増えました
    午前中はローズマリーとレモン、寝る前は、ラベンダーが、ボケ防止によいということで、巷では完売だそうです

    アロマの可能性はどんどん増えてきていますね

    皆様も日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?



    関連記事

    体の冷え対策 からだを温める食材

    今年は雪が多くて、体調を崩しやすい方が多いですね

    私も含めて、年々体の冷えを気にされる方が増えましたので、今回は食べ物についてアップしたいと思います。

    特に、キャビフル痩身にいらっしゃる方は、脂肪が柔らかくなり、痩せてくると冷えを強く感じる方もいらっしゃいます。
    体を温める食品よりも、体を冷やす食品をより多く摂っているかもしれませんので、食事の内容を見直してみて下さいね

    東洋医学では「中庸」であることが健康と考えます。
    体が冷える「」体質の人は温める食材を摂り、暑がりの「」体質の人は冷やす食材を多めに摂ってバランスを整えるのです。




     【身体を温める食べ物の摂り方】 

     下記の食べ物・食材を参考にして、季節や生活環境に合わせ、偏らずバランスよく摂取することが大切です。
     冷え性の人は、これまで食べていた陰性の食べ物(食材)は、加熱調理することにより、或いは体を温める香味野菜、香辛料、調味料その他の食べ物(食材)とうまく取り合わせることにより、体を冷やさない食べ物、体を温める料理に替えて、食べるようにします。そのうえで、冷え性の人は、体を温める食べ物(食材)を積極的に食べるようにすれば良いのです。

    ☆体を温める食べ物・食材と体を冷やす食べ物
     
          陽(温熱性食品)
         体を温めて冷えを除き、新陳代謝を盛んにする
                                   
     もち米、黒米、黒豆、うど、かぶ、かぼちゃ、小松菜、さつまいも、しその葉,玉ねぎ、菜の花、にら、ねぎ、パセリ、ピーマン、ふき、らっきょ、わけぎ、わらび、あんず,杏仁、栗、くるみ、さくらんぼ、ざくろ、さんざし、なつめ、松の実,陳皮、桃、ココナッツ,ライチ、鶏肉、牛肉、羊肉、鹿肉、あなご、いわし、えび、干しえび、かつお,鮭、ちりめんじゃこ、なまこ、めんたいこ、しょうが、コショウ、山椒、クローブ、酒、天然塩、唐辛子、七味唐辛子、豆板醤、シナモン(肉桂)、にんにく、八角、フェンネル、わさび、味噌、しょう油、大豆油、ピーナッツ油、ひまわり油、サフラワー油、紅茶、赤ワイン、紹興酒、日本酒、ココナッツミルク,葛


         平(平性食品)
         温にも熱にも偏らず、滋養・強壮作用がある

     うるち米,そら豆、大豆、小豆、玄米、納豆、トウモロコシ、黒パン 、白きくらげ、キャベツ,里芋、椎茸、アスパラ、ブロッコリー、じゃがいも、にんじん、やまいも、春菊、たけのこ、チンゲンサイ、なずな、ブロッコリー、みょうが、ゆり根、りんご、イチゴ、いちじく、梅、きんかん、、銀杏、グレープフルーツ、すもも、桃仁、ピーナッツ、ぶどう、プルーン、豚肉、いのしし肉、うずら卵、鶏卵、あじ、あわび、いか、貝柱,かき、くらげ、鯉、さば、さより、しらうお、ひらめ、白身魚、すずき,鯛、たこ、たちうお、どじょう、黒砂糖、氷砂糖、紅花油、ごま、ウーロン茶、はちみつ、黒みつ


         陰(涼寒性食品)
         体を冷やし熱を除く、鎮静効果、炎症を抑える
         

     小麦、白いパン、豆腐、緑豆、もやし、かいわれ、キュウリ、黒きくらげ、くわい、こんにゃく、しめじ、白うり、せり、セロリ、大根、レンコン、とうがん、トマト、なす、にがうり、はくさい、へちま、ほうれん草、まくわうり、よもぎ、レタス、柿,キウイ、スイカ、梨、バナナ、ぶわ、みかん、メロン、ゆず、レモン、羅漢果、パイン、、すっぽん、豚肉、馬肉、あさり、うなぎ、うに、かに、しじみ、カキ、はまぐり、はも、白砂糖、合成酢、オイスターソース、テンメンジャン,トウチ、バター、マヨネーズ、コーヒー、緑茶、牛乳、清涼飲料水、ケーキ




                                              体を温める食べ物・食材と体を冷やす食べ物・食材の目安

    1.寒い地方で産出された食べ物、冬が旬の食べ物は体を温める。
     北方産の食べ物は体を温め(陽性食品)、南方産の食べ物は体を冷やす(陰性食品)。
     北方に住む人は寒いので、自然に体をあたためる食べ物を摂るようになり、また、それが育つ。
     南方に住む人は暑くて、体を冷やす食べ物を摂るようになり、また、それらがよく収穫されることになる。
     果物は一般に体を冷やす作用があるが、例外としてリンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなどの果物は体を冷やしにくい。

    2.色の黒っぽい食べ物、濃い食べ物,暖色(赤・黒・黄・橙色)の食べ物は体をあたためる。
     たとえば黒豆、小豆、ひじきなどの黒に近い色をしているものは、体を温める。
     また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、白ワインより赤ワインなどいろの濃いもののほうが体を温める。肉や魚も、白身より赤身が体を温める。肉の中でも、レバーや羊肉は、体を温める食材です。
     
    3.地下でエネルギーを蓄えた食べ物は体を温める。
     地面の下に埋もれているものは、体を温める性質をもっています。
     根菜類やイモ類は自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして、地面の下へ深く伸びようとします。
     逆に冷たい性質をもつ食材は、熱を得ようと太陽に向かって伸びていきます。

    4.水分が少なく硬い食物は、柔らかいものより体を温める。
     柔らかい食物は、水分や油分を多く含み、体を冷やします。
     水分は体に大切なものですが、摂取した水が尿や汗として排出されないと、水分が体に溜まって体を冷やすことになります。油は水とは反対の性質ではあるが、体を冷やすということでは同じです。
     
    5.塩{ナトリウム(Na)}の多い食物は体を温める。
     塩、味噌、しょう油、メンタイコ,ちりめんじゃこ、肉、卵、チーズ、漬物、根菜は体を温める食材です。

    6.酢、カリウム(K)の多い食物は体を冷やす。
     葉菜、北方産以外の果物、牛乳、ビールなどは体を冷やす食べ物です。

    7.温めも冷やしもしない食べ物(間性)に注目
     玄米、トウモロコシ、いも類、大豆、などは、体を温めも冷やしもしない「間性」(陰陽のどちらにも偏らない穏やかな性質=平)という食べ物で、黄~薄茶色の中間色をしている。
    いつ、どこで、誰が食べてもよく、人類の主食になってきた食べ物は、すべてこの間性の食べ物です。



    冷え性改善:体の余分な水を出す食べ物
     汗や尿があまり出ず体がむくむのは、代謝が悪く、体内の余分な水分を排出できないからです。
     これらの食材で排出しましょう。

    【小豆・黒豆・はと麦】 小豆や黒豆には強い利尿作用があり、体内の水分をとって、むくみを解消してくれる。               はと麦は体を冷やす食べ物だが、水分からくるだるさを解消してくれる。
     
    【しょうが】 辛味成分のジンゲロールとショウガオールが、体を温め、胃液、唾液の分泌を促進してくれる。
           しょうがの摂り方にご注意
           生の生姜に多い「ジンゲロール」は指先などを温める働きがありますが、体の深部体温(内臓の温度)下げてしまう作用があります。
           体を温めるには、乾燥または加熱して食べると「ショウガオール」が増えて、温めてくれます。
           冷奴の薬味とショウガ入りアツアツスープでは、同じショウガでも、体への作用が変わりますので、ぜひ温めてお召し上がりください。


    【唐辛子】 赤、青ともに、刺激的な辛味が血管を拡張させ、血液の循環をよくするために発汗する。

    【らっきょう】 利尿効果がある。消炎作用もあり、気をめぐらせて痰をとってくれる。
            ねぎ、にら、にんにくと同じゆり科の仲間で、成分も同様。
     
    【プルーン】 便通がよくなり、鉄分が豊富で造血効果がある。もともと北方産の果物なので、体も冷やさない。
     
    【黒米】 食物繊維が豊富で便秘に効果的。ビタミン、ミネラルも豊富。
     
    【スパイス類】 コショウ、マスタード、八角、クローブ、シナモンなど。発汗、利尿作用がある。



    と、今日はここまで。
    次回は季節に合わせた食事をアップしたいと思います。


    食事でなかなか改善されない水毒は、若石リフレクソロジーで、腎臓から排泄系統をしっかりケアすると、かなりの変化が出ますので、リルーチェでは体質改善の一つとしてお勧めしております。
     更に、リンパが詰まり組織が固くなって老廃物も栄養も行き届かない方は、アロマリンパトリートメントやラジオ波で、体全体の滞りをケアします。




    ショコラは、クライアント様に負けない冷え症です

    原因はわかっております

    甘いものとコーヒーの摂り過ぎ・・・

    甘いものにはもちろん砂糖たっぷり、コレステロールと中性脂肪を高める飽和脂肪酸、小麦、などなど体を冷やして、血液ドロドロ、おまけに中毒性があります。
    砂糖中毒に、カフェイン中毒であります
    おまけに、ふくらはぎを2か所同時に重度の肉離れを起こしてからジムを辞め、2年ほど運動していません。
    筋肉も落ちています。

    これでは体が熱を作り出しても追いつきませんよねっっ


    バランスのとれた食生活と適度な運動、これに尽きます

    普段、薬膳やインナーEXを取り入れて気をつけてはいますが、もう少し甘いものとコーヒーを控え、筋トレ頑張ります


    ケガをしてから激しい運動は怖くなってしまったので、EMSも取り入れてみますね

    運動しても筋肉がつきにくくなってきた年代の方にも好評です
    まずはインナーマッスルから攻めてみようかな

    変化があったら、またご報告したいと思います





    関連記事

    ロイヤルインナーEX

    皆様、ロイヤルインナーEXはもうお試しされましたでしょうか




    新発売より、約2年。
    様々な感想が寄せられています

    高血圧が正常の数値に変わった
    膝の痛みが楽になった
    糖尿病の方の血糖の数値が正常に変わった
    無排卵の方が飲み始めてから、排卵が始まった
    飲み続けてから3ヶ月で6キロ痩せた
    アレルギー症状が軽くなった
    (飲んだ方の個人的感想です)

    ありとあらゆる良い変化がたくさんお 寄せいただいています。

    先月のRGセミナーでは、代理店の仲間が、20年間胃に20個あったポリープがインナーEXを飲み始めて約2年で、病院で定期検査をしたら10個に減っていてものすごく先生にも驚かれたと喜びと共にお話されていました

    いずれもインナーEXを飲む以外、何もしていないので、きっとこれだねということです。


    健康で、何の不調も持っていない方は、反応がわかりづらいようですが、健康診断で何かしらの数値が引っ掛かっているかたなどは、はっきり数値に出てくるので本当に驚いてしまいます。


    ショコラあたりは、体が何となく軽くて、寝ていないわりには動ける!とか、ポカポカして手先の冷えが楽になってる、肌が内側から張りが出るくらいしかわからないのですが、これから迫り来る老化に備えて飲んでいます


    詳しくはロイヤル化粧品のHPから見ていてほしいと思いますが、ブログに詳しく載せたことが無かったので、ご紹介したいと思います



    ○で囲んだ部分

    総務大臣所管 日本予防医学推進委員会
    推奨認定商品
    です。



    インナーEXは、三大疾病

    ○ガン
    ○心臓疾患
    ○脳血管疾患

    ここに最大に焦点をあてて1つのサプリメントでバランスよく摂れるものを研究し開発されました。

    この研究には日本を代表する免疫学者である、元東京大学医科学研究所教授 森本博士と、アメリカネバダ州ガンセンターのナム・ホアン・ダン博士にご協力を頂き開発した商品です。




    闘う栄養素
    パパイヤ葉のサプリメントは日本ではロイヤル化粧品だけらしいのですが、ビタミンやミネラル、ポリフェノール等々多彩な栄養素が含まれています。

    東南アジアでは、これを煮出したお茶を飲むとガンなどの病気にならないという昔からのい言い伝えがあるそうです。

    血液サラサラ栄養素
    DHA、EPA、ハープシールオイルDPA含有(EPAの約10倍の働きをするといわれています)、ヘスペリジン

    ここまでで、サプリメントに詳しかったり、製薬会社の方はお気付きでしょうか?

    一般的にDHA、EPA、DPA、ヘスペリジンが一つのサプリメントに配合された商品はまず無いそうです
    (発売当時の情報です)

    はい、大人の事情というやつですね

    自社開発商品とは苦労が多い訳ですが、その代わり他にはない素晴らしい商品が出来る強みでもあります
    とにかく一つのサプリメントにたくさんの栄養素をバランス良く配合する技術は、とても難しいんだそうですよ

    クリア栄養素
    アサイーエキス末(豊富なアミノ酸・ポリフェノール、ブルーベリーの5倍のアントシアニン、レバーの5倍の鉄分)、発酵黒タマネギパウダー、トルラコウボエキス(グルタチオン、葉酸、ナイアシン、ポリアミン、ビタミンB1・B2・B6)

    たくさんの栄養素か含まれていますね


    素肌美栄養素
    L-アスコルビン酸Ca(ビタミンC)、ビスベンチアミン(ビタミンB1)

    ビスベンチアミンは、炭水化物(糖質)を燃やすとても大事な栄養素(体内でビタミンB1になります)、ストレスにも良いとされています。

    素肌美の為の栄養素は、コラーゲンを生成するために必要なものがメインとなっています。

    コラーゲンなどは、代謝されずに余分に余ると脂肪になります。
    更に、セルライトを固く頑丈なものにしていく成分でもありますので、くれぐれも摂りすぎにご注意下さい。


    サロンのお客様でもコラーゲンを摂りすぎて太ってしまったという、お客様のお話をよく聞きます


    とにかく活性酸素を除去する、血液サラサラにする栄養素に優れ、血管壁にも良い栄養素を意識したバランスにしております。



    たくさんあるサプリメントで何を飲んでいいかわからないというお話をよく伺います。

    お魚はあまり食べないなとか、野菜不足で不規則な食生活な方は、これひとつでほぼ不足しがちな栄養素がカバー出来ると思います

    毎日作り替えられている、ご自分の細胞が傷つかず、健やかでキレイに生成されるように、ご家族でご愛用下さればと思います。



    関連記事
    sidetitleプロフィールsidetitle

    ショコラ

    Author:ショコラ
    美と健康のトータルケアサポートをする隠れ家的自宅サロン「リルーチェ」のオーナーです。

    Reluce リルーチェとはスペイン語で煌めく、キラキラと光り輝くという意味です。
    HP リルーチェ https://r.goope.jp/reluce1/

    sidetitleカレンダーsidetitle
    02 | 2014/03 | 04
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitle訪問者様sidetitle
    sidetitleメールフォームsidetitle
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    sidetitleリルーチェライフアルバムsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle
    sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

    この人とブロともになる

    sidetitleQRコードsidetitle
    QR