FC2ブログ

    体の冷え対策 からだを温める食材

    今年は雪が多くて、体調を崩しやすい方が多いですね

    私も含めて、年々体の冷えを気にされる方が増えましたので、今回は食べ物についてアップしたいと思います。

    特に、キャビフル痩身にいらっしゃる方は、脂肪が柔らかくなり、痩せてくると冷えを強く感じる方もいらっしゃいます。
    体を温める食品よりも、体を冷やす食品をより多く摂っているかもしれませんので、食事の内容を見直してみて下さいね

    東洋医学では「中庸」であることが健康と考えます。
    体が冷える「」体質の人は温める食材を摂り、暑がりの「」体質の人は冷やす食材を多めに摂ってバランスを整えるのです。




     【身体を温める食べ物の摂り方】 

     下記の食べ物・食材を参考にして、季節や生活環境に合わせ、偏らずバランスよく摂取することが大切です。
     冷え性の人は、これまで食べていた陰性の食べ物(食材)は、加熱調理することにより、或いは体を温める香味野菜、香辛料、調味料その他の食べ物(食材)とうまく取り合わせることにより、体を冷やさない食べ物、体を温める料理に替えて、食べるようにします。そのうえで、冷え性の人は、体を温める食べ物(食材)を積極的に食べるようにすれば良いのです。

    ☆体を温める食べ物・食材と体を冷やす食べ物
     
          陽(温熱性食品)
         体を温めて冷えを除き、新陳代謝を盛んにする
                                   
     もち米、黒米、黒豆、うど、かぶ、かぼちゃ、小松菜、さつまいも、しその葉,玉ねぎ、菜の花、にら、ねぎ、パセリ、ピーマン、ふき、らっきょ、わけぎ、わらび、あんず,杏仁、栗、くるみ、さくらんぼ、ざくろ、さんざし、なつめ、松の実,陳皮、桃、ココナッツ,ライチ、鶏肉、牛肉、羊肉、鹿肉、あなご、いわし、えび、干しえび、かつお,鮭、ちりめんじゃこ、なまこ、めんたいこ、しょうが、コショウ、山椒、クローブ、酒、天然塩、唐辛子、七味唐辛子、豆板醤、シナモン(肉桂)、にんにく、八角、フェンネル、わさび、味噌、しょう油、大豆油、ピーナッツ油、ひまわり油、サフラワー油、紅茶、赤ワイン、紹興酒、日本酒、ココナッツミルク,葛


         平(平性食品)
         温にも熱にも偏らず、滋養・強壮作用がある

     うるち米,そら豆、大豆、小豆、玄米、納豆、トウモロコシ、黒パン 、白きくらげ、キャベツ,里芋、椎茸、アスパラ、ブロッコリー、じゃがいも、にんじん、やまいも、春菊、たけのこ、チンゲンサイ、なずな、ブロッコリー、みょうが、ゆり根、りんご、イチゴ、いちじく、梅、きんかん、、銀杏、グレープフルーツ、すもも、桃仁、ピーナッツ、ぶどう、プルーン、豚肉、いのしし肉、うずら卵、鶏卵、あじ、あわび、いか、貝柱,かき、くらげ、鯉、さば、さより、しらうお、ひらめ、白身魚、すずき,鯛、たこ、たちうお、どじょう、黒砂糖、氷砂糖、紅花油、ごま、ウーロン茶、はちみつ、黒みつ


         陰(涼寒性食品)
         体を冷やし熱を除く、鎮静効果、炎症を抑える
         

     小麦、白いパン、豆腐、緑豆、もやし、かいわれ、キュウリ、黒きくらげ、くわい、こんにゃく、しめじ、白うり、せり、セロリ、大根、レンコン、とうがん、トマト、なす、にがうり、はくさい、へちま、ほうれん草、まくわうり、よもぎ、レタス、柿,キウイ、スイカ、梨、バナナ、ぶわ、みかん、メロン、ゆず、レモン、羅漢果、パイン、、すっぽん、豚肉、馬肉、あさり、うなぎ、うに、かに、しじみ、カキ、はまぐり、はも、白砂糖、合成酢、オイスターソース、テンメンジャン,トウチ、バター、マヨネーズ、コーヒー、緑茶、牛乳、清涼飲料水、ケーキ




                                              体を温める食べ物・食材と体を冷やす食べ物・食材の目安

    1.寒い地方で産出された食べ物、冬が旬の食べ物は体を温める。
     北方産の食べ物は体を温め(陽性食品)、南方産の食べ物は体を冷やす(陰性食品)。
     北方に住む人は寒いので、自然に体をあたためる食べ物を摂るようになり、また、それが育つ。
     南方に住む人は暑くて、体を冷やす食べ物を摂るようになり、また、それらがよく収穫されることになる。
     果物は一般に体を冷やす作用があるが、例外としてリンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなどの果物は体を冷やしにくい。

    2.色の黒っぽい食べ物、濃い食べ物,暖色(赤・黒・黄・橙色)の食べ物は体をあたためる。
     たとえば黒豆、小豆、ひじきなどの黒に近い色をしているものは、体を温める。
     また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、白ワインより赤ワインなどいろの濃いもののほうが体を温める。肉や魚も、白身より赤身が体を温める。肉の中でも、レバーや羊肉は、体を温める食材です。
     
    3.地下でエネルギーを蓄えた食べ物は体を温める。
     地面の下に埋もれているものは、体を温める性質をもっています。
     根菜類やイモ類は自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして、地面の下へ深く伸びようとします。
     逆に冷たい性質をもつ食材は、熱を得ようと太陽に向かって伸びていきます。

    4.水分が少なく硬い食物は、柔らかいものより体を温める。
     柔らかい食物は、水分や油分を多く含み、体を冷やします。
     水分は体に大切なものですが、摂取した水が尿や汗として排出されないと、水分が体に溜まって体を冷やすことになります。油は水とは反対の性質ではあるが、体を冷やすということでは同じです。
     
    5.塩{ナトリウム(Na)}の多い食物は体を温める。
     塩、味噌、しょう油、メンタイコ,ちりめんじゃこ、肉、卵、チーズ、漬物、根菜は体を温める食材です。

    6.酢、カリウム(K)の多い食物は体を冷やす。
     葉菜、北方産以外の果物、牛乳、ビールなどは体を冷やす食べ物です。

    7.温めも冷やしもしない食べ物(間性)に注目
     玄米、トウモロコシ、いも類、大豆、などは、体を温めも冷やしもしない「間性」(陰陽のどちらにも偏らない穏やかな性質=平)という食べ物で、黄~薄茶色の中間色をしている。
    いつ、どこで、誰が食べてもよく、人類の主食になってきた食べ物は、すべてこの間性の食べ物です。



    冷え性改善:体の余分な水を出す食べ物
     汗や尿があまり出ず体がむくむのは、代謝が悪く、体内の余分な水分を排出できないからです。
     これらの食材で排出しましょう。

    【小豆・黒豆・はと麦】 小豆や黒豆には強い利尿作用があり、体内の水分をとって、むくみを解消してくれる。               はと麦は体を冷やす食べ物だが、水分からくるだるさを解消してくれる。
     
    【しょうが】 辛味成分のジンゲロールとショウガオールが、体を温め、胃液、唾液の分泌を促進してくれる。
           しょうがの摂り方にご注意
           生の生姜に多い「ジンゲロール」は指先などを温める働きがありますが、体の深部体温(内臓の温度)下げてしまう作用があります。
           体を温めるには、乾燥または加熱して食べると「ショウガオール」が増えて、温めてくれます。
           冷奴の薬味とショウガ入りアツアツスープでは、同じショウガでも、体への作用が変わりますので、ぜひ温めてお召し上がりください。


    【唐辛子】 赤、青ともに、刺激的な辛味が血管を拡張させ、血液の循環をよくするために発汗する。

    【らっきょう】 利尿効果がある。消炎作用もあり、気をめぐらせて痰をとってくれる。
            ねぎ、にら、にんにくと同じゆり科の仲間で、成分も同様。
     
    【プルーン】 便通がよくなり、鉄分が豊富で造血効果がある。もともと北方産の果物なので、体も冷やさない。
     
    【黒米】 食物繊維が豊富で便秘に効果的。ビタミン、ミネラルも豊富。
     
    【スパイス類】 コショウ、マスタード、八角、クローブ、シナモンなど。発汗、利尿作用がある。



    と、今日はここまで。
    次回は季節に合わせた食事をアップしたいと思います。


    食事でなかなか改善されない水毒は、若石リフレクソロジーで、腎臓から排泄系統をしっかりケアすると、かなりの変化が出ますので、リルーチェでは体質改善の一つとしてお勧めしております。
     更に、リンパが詰まり組織が固くなって老廃物も栄養も行き届かない方は、アロマリンパトリートメントやラジオ波で、体全体の滞りをケアします。




    ショコラは、クライアント様に負けない冷え症です

    原因はわかっております

    甘いものとコーヒーの摂り過ぎ・・・

    甘いものにはもちろん砂糖たっぷり、コレステロールと中性脂肪を高める飽和脂肪酸、小麦、などなど体を冷やして、血液ドロドロ、おまけに中毒性があります。
    砂糖中毒に、カフェイン中毒であります
    おまけに、ふくらはぎを2か所同時に重度の肉離れを起こしてからジムを辞め、2年ほど運動していません。
    筋肉も落ちています。

    これでは体が熱を作り出しても追いつきませんよねっっ


    バランスのとれた食生活と適度な運動、これに尽きます

    普段、薬膳やインナーEXを取り入れて気をつけてはいますが、もう少し甘いものとコーヒーを控え、筋トレ頑張ります


    ケガをしてから激しい運動は怖くなってしまったので、EMSも取り入れてみますね

    運動しても筋肉がつきにくくなってきた年代の方にも好評です
    まずはインナーマッスルから攻めてみようかな

    変化があったら、またご報告したいと思います





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    sidetitleプロフィールsidetitle

    ショコラ

    Author:ショコラ
    美と健康のトータルケアサポートをする隠れ家的自宅サロン「リルーチェ」のオーナーです。

    Reluce リルーチェとはスペイン語で煌めく、キラキラと光り輝くという意味です。
    HP リルーチェ https://r.goope.jp/reluce1/

    sidetitleカレンダーsidetitle
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitle訪問者様sidetitle
    sidetitleメールフォームsidetitle
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    sidetitleリルーチェライフアルバムsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle
    sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

    この人とブロともになる

    sidetitleQRコードsidetitle
    QR