FC2ブログ

    カチカチの脚 リンパの詰まり

    やっと東北でも暖かくなり、すっかり春休みですね

    ここ2,3年、中高生や大学生のクライアント様も増えてきました。

    この春休みは、何と現役東大合格した方のケアをさせていただきました

    全く、去年現役京大合格したくららちゃんといい、最近の高学歴女子は本当に可愛いんです

    私のむかぁしのイメージが古すぎるため、毎度衝撃的に驚きます




    さてさて、引っ越し前にボディケアをさせて頂いたのですが、若いのですぐに老廃物も抜けるだろうと思っていたのです

    しかぁし、

    脚だけがカチカチに固くなったの状態で、鼠径リンパ節の手前まで組織がパンパンに盛り上がり、膝窩リンパ節はゴム板が入っているかのような固いものでブロックされていました


    こっ、これが毎日10時間以上机に向かって受験勉強した積み重ねの状態なのかとこれまた衝撃を受けました


    どれだけ頑張ったか容易に想像がつきますが、私には絶対出来ない苦行なのは確かです

    このくらい上半身と下半身のバランスが崩れてしまうと体感的にもかなり辛い状態のはずなんです

    しかし、並外れた集中力と忍耐力を持っているので、体の不調も気付かないまま過ごし、痛みも怠さも自覚が無いほど麻痺していました。

    本当に頭が下がります

    あぁ

    うちの子に爪の垢飲ませたい・・・



    話がそれました


    丁寧に時間かけてケアをしても、翌日すぐに戻ってしまうほど、リンパ節が詰まっています。


    詰まりがあまりにもひどいと、リンパを流して血流が良くなっても、一気に流れ出た老廃物は、あっという間にリンパ節で交通渋滞をお越し、また、詰まってしまうのです。


    これを少しずつ繰り返して、リンパだけでなく、組織の緩みを作り、組織液の流れる通り道を作らないと、排泄するリンパにも老廃物がたどり着かないのです。

    ここまで慢性化してしまうと焦りは禁物です

    ブレンドオイルを調合してプレゼントしたので、なるべく毎日トリートメントすることをおすすめしました。


    老廃物は毎日溜まります。

    排泄する経路が通っていて、なおかつ排泄する機能がきちんと働いていないと出ていきません。

    毎日きちんと排泄する癖をつけさせなければいけません。

    それにはまず、老廃物の通り道を確保する事

    それからリンパを流すための適度な運動を取り入れます。


    今回は、今まで経験したことの無い極端な状態でしたので、ものすごく勉強になりました。


    受験勉強が終わったお子様や、今まさに一生懸命未来に向かって、勉学を頑張っているお子様をお持ちの方は、ぜひ体の状態を見てあげてください

    カチカチして張りが強くなると筋や骨格が圧迫されて歪みの元にもなりかねません。

    固そうだなと思ったら、マッサージでも、足揉みでも何でも良いのでケアしてあげることおすすめ致します。

    個人的にはオイルトリートメントが一番揉み返しが少なく、柔らかくなるのが早いのでおすすめです。




    脚のカチカチケアについて、もう少し詳しく改めて記事にしますね
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    sidetitleプロフィールsidetitle

    ショコラ

    Author:ショコラ
    美と健康のトータルケアサポートをする隠れ家的自宅サロン「リルーチェ」のオーナーです。

    Reluce リルーチェとはスペイン語で煌めく、キラキラと光り輝くという意味です。
    HP リルーチェ https://r.goope.jp/reluce1/

    sidetitleカレンダーsidetitle
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitle訪問者様sidetitle
    sidetitleメールフォームsidetitle
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    sidetitleリルーチェライフアルバムsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle
    sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

    この人とブロともになる

    sidetitleQRコードsidetitle
    QR