FC2ブログ

    川原毛地獄

    今年のお墓参りは、主人の仕事の休みが無いので日帰りとなりました。


    ちょうどその前の週にお越しくださったクライアント様とお話をしていて、主人の実家が秋田県湯沢市と話したところ、近場の観光や温泉地の話題になりました♨

    クライアント様は、昨年お母様とご一緒に小安峡温泉へ旅行に行き、川原毛大滝湯など観光し楽しかったので今年も行ってきたそうなんです✨


    小安峡温泉は子供を連れてプールをメインに連れて行ったことがあるのですが、その時に間欠泉を見たくらい。


    しかも下の子が小さかったのでベビーカーもかついで行きました


    気がつけば子供のレジャーばかりで観光はしていなかったんですね。


    早速主人に話して、今年は日帰りだけれどカンティも帰ってくるし、久しぶりに家族で集まるので、弾丸ツアーすることになりました。



    当日朝5時出発して、主人の実家の皆さんとお墓参り。
    朝食をご馳走になってから川原毛地獄へ出発。








    三途の川峡谷です。


    三途の川なので、たくさんの石が積み上げられ、いかにも寂しい場所なのかと思いきや、私の勝手な想像と違い、下の川は見えないくらい高く近代的な立派な橋です❗



    小安峡側から行くと閻魔様のお出迎え、反対側には延命地蔵様がお出迎えするようになっています。





    橋の飾りも本当に立派です❗

    近代的でしょ



    このあとすぐに山道に入ります。

    すれ違えないくらいの 細くカーブの多い山道を抜けると駐車場に到着です。





    川原毛地獄が見えます。

    ガスの影響で木々も生えず白い大地になってますね


    こちらとは逆方向の大滝湯へ向かいます。




    橋を渡りまぁす。



    自然の中、カンティのあとをついていきまぁす。

    この辺はビオパークできちんと管理されてます。

    大学の授業で環境に興味を持ち始めたカンティは、ビオパークと知ってとても勉強になったようです✨

    グットタイミング🎵





    景色が変わってきて、硫黄の臭いも強くなってきました。

    急な山道の下り坂に入ります。






    サンダルで来たことを後悔しながらたどり着いたら、人がいっぱぁい❤

    お弁当持って水着で遊んでいる子供たちもたくさんいます🎵





    リナティは裸足で入り、カンティは手を突っ込んで、お湯の触感を確認中。

    本当に温泉の温度です♨
    入れる入れる🎵

    大滝湯は強酸性で、目に入ると刺激になるので要注意です❗


    ショコラは気のせいか立ってるだけで肌がヒリヒリする感じがしてきました。



    ひとしきり満喫したあと、また細い山道を登って駐車場に戻ります。



    もうすでに汗だくです。


    しかし、来たからには川原毛地獄を登りたい




    決して道を逸れてはいけないみたい。






    行っくぞー







    ここらで主人が危険を察知し(登りきってからまた下りたくないらしい)、車を取りに戻り、頂上で待ち合わせすることにしました。




    ショコラが遅いので子供たちが待ってくれています。


    ショコラは全身汗だくです☀😵💦





    やっとたどり着いたと思ったら、ガスが出ているので、臭いし、喉も鼻も目もピリピリします。


    かなり息が上がってきてるところへ、この状況はちょっとツラい💦







    はぁ〰

    登りきりました




    こんな地形だったのね。

    久しぶりに山登りしました🎵

    30分以上は、登ったのではないかと思います。

    山寺、出羽三山に引き続き、相変わらずサンダルで

    観光にはシューズを忘れないようにと思いつつ、何故か山登りはいつもサンダル

    そろそろ学習したい


    そしてそして顔がヒリヒリします〰


    駐車場のトイレで顔を洗います。

    でもこの水も温泉ご混ざっているようで完全にヒリヒリはおさまりません。


    主人と合流して、初めての泥湯へゴー❗



    おじいちゃんの話によるとつい先日火事で焼けた温泉もあるとか


    入れるかな〰



    確かに露天風呂をやっていた泥湯温泉は焼けていましたが、入れるところがありました🎵



    小椋旅館です♨





    天井が低くて、趣があります。





    初泥湯、貸し切りです😆



    ここでも、泥パックできるくらいどろどろの泥湯を勝手に想像していたのとは違い、ふわふわ細かい泥が舞う感じです。





    リナティに撮ってもらう、はしゃぎ過ぎのアラフォーです。


    汗とガス成分を洗い流し、サッパリしました。



    さぁ、ここから奥羽山脈を越えて一関へ



    凄いカーブの山道ですっ


    山頂の♨ホテルは観光客で大にぎわいでした❗


    こんなところにこんなに人がいっぱい👀


    なんという施設かわかりませんが、路線バスもありました。



    こんな山の上にまでバスが来るのね〰❗




    かなりの山下りをして、 花より団子チームは厳美渓のかっこうだんごを目当てに到着💃

    何年か前にかっこうの行列に恐れをなし、団子やさんでゆっくり食べるのに味をしめたので、茶屋でひと休みと思ったのですが・・・


    凄い人出で、お目当ての団子はあちこち売り切れ


    団子だけのためにお土産屋へ





    もはや、厳美渓を愛でるのは主人だけで、誰も目をくれず団子へまっしぐら



    団子を食べて、私の行きつけ『サハラガラスパーク』をチラッと見て、ジェラートを食べて帰路につきました。


    お土産を選ぶことができないくらいお気に入りのものは売り切れていて、今回は諦めました。


    何だかとっても充実して楽しかった小旅行となりました。



    私に教えてくれたクライアント様からのプレゼント✨🎁✨


    歯科衛生士さんなので選りすぐりのグッズを頂戴しました✨


    こんなに楽しい観光情報と素敵なプレゼントまで


    お礼をしてもしきれないほどです



    本当に楽しい家族旅行となりました


    ありがとうございました
    関連記事
    スポンサーサイト



    sidetitleプロフィールsidetitle

    ショコラ

    Author:ショコラ
    美と健康のトータルケアサポートをする隠れ家的自宅サロン「リルーチェ」のオーナーです。

    Reluce リルーチェとはスペイン語で煌めく、キラキラと光り輝くという意味です。
    HP リルーチェ https://r.goope.jp/reluce1/

    sidetitleカレンダーsidetitle
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitle訪問者様sidetitle
    sidetitleメールフォームsidetitle
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    sidetitleリルーチェライフアルバムsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle
    sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

    この人とブロともになる

    sidetitleQRコードsidetitle
    QR