FC2ブログ

    突発性難聴になってしまいました(´д`|||)

    昨日の朝に目を冷ましたら右側の耳が変な感じがしました。

    右側だけ膜が張ったような、塞がれているような圧を感じ、高い電子音がピーっとハウリングするように鳴っています。

    高い物音と、低い物音に反応して更に高い周波でハウリングして耳の奥に響くのです。

    伝えるのが難しい症状です。

    更に右耳が音に響く痛みに反応して、左にも違和感を感じます。

    今回は初めての症状なので耳鼻科へ行きました。

    鼓膜は綺麗で鼻も異常無し

    聴力検査をすることになりました。

    何種類か行って出た結果が、右耳の軽度の難聴でした。

    ここ2年くらい、リナティの甲高い声とカンティの低い声が聞き取りづらかった事も話しました。

    丁度その辺りの音を聞き取ることができない検査結果でした。

    今回は急激にひどい状態になったので、急性突発性難聴と診断され飲み薬のステロイドを処方されました

    短期間で服用するので体への影響はそんなに心配することはないと説明され、週末にまた、診察を受けることになりました。


    実は私の父も右耳が難聴で聞こえていません。
    更にここ1年くらい、ひどい目眩で入院したり寝込むことも多く、祖母が亡くなる前に見舞いに行った頃はフラフラして起き上がれない状態だったのです。
    メニエールを疑ったのですが、病院で違うと言われ、病名もついていない状態でした。

    その時に、父の足揉みとヘッドマッサージもしたのですが、右耳はカチカチに固くて、とても人の耳とは思えませんでした。

    とにかく血流とリンパが流れるように、マッサージや耳回しをするように話してきたのを覚えています。


    そのあと、調子が戻らないので大学病院にも診察に行って、やっと原因を突き止めてもらいました。

    原因は

    リンパ腺のつまり

    だそうです

    初めて聞きました。


    なかなか無い病気らしく、やっと原因がわかったので、処方されたお薬がバッチリ効いて、無事、祖母のお葬式をあげれた訳です。


    あんなに苦しんでいた目眩の原因はリンパ腺のつまりだなんて・・・
    リンパといえば私が専門にケアしているところです。

    しかし、外からのトリートメントで耳の奥までケアするには、かなりの時間がかかります

    この 父の話も先生にしたのですが、私の場合は目眩も無いので、神経系の原因と考えられると言うことでした。

    突発性難聴は原因不明の病気です。

    出たっ



    特に食事など気を付けるところは無いと言われましたが、ヘバーデンのお話でも少し載せたように、東洋医学では、腎臓が弱い人は、耳と骨も関連して弱っていくことが考えられます。

    私は尿たん白常連なのですが、耳に異変が出たので、やはりコーヒーと甘いものをなるだけ避けていきたいと思いました。

    耳に関する反射区と、耳周りのリンパのケアをして、早く回復できるよう調整していきますね!

    経過をまたご報告したいと思います。

    皆様も体調に異変を感じたらすぐに病院で見てもらいましょうね
    関連記事
    スポンサーサイト



    sidetitleプロフィールsidetitle

    ショコラ

    Author:ショコラ
    美と健康のトータルケアサポートをする隠れ家的自宅サロン「リルーチェ」のオーナーです。

    Reluce リルーチェとはスペイン語で煌めく、キラキラと光り輝くという意味です。
    HP リルーチェ https://r.goope.jp/reluce1/

    sidetitleカレンダーsidetitle
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitle訪問者様sidetitle
    sidetitleメールフォームsidetitle
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    sidetitleリルーチェライフアルバムsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle
    sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

    この人とブロともになる

    sidetitleQRコードsidetitle
    QR